旅行

むつグランドホテル宿泊〜美人の湯と美食〜

更新日:

下北半島周遊旅行にて、むつグランドホテルに宿泊しました。

こちらのホテルには、宿泊客が利用できるお風呂と、立ち寄り湯があります。

お風呂

お風呂はホテルから長い廊下で繋がっている別館です。

長い(笑)

こちらがお風呂の受付。

宿泊者は部屋の鍵を渡すと専用のロッカーキーと交換してくれます。

↓の写真の左が宿泊客専用風呂の入口、右が立寄り湯の入り口です。

先ほど交換してもらったロッカーキーを近づけると自動で扉が開くシステム。ハイテクですね。

お風呂の中は撮影できませんが、宿泊客専用風呂と立ち寄り湯は中で繋がっていて、やはりロッカーキーで行き来ができるようになっていました。

宿泊客専用風呂には内湯と露天風呂があり、立ち寄り湯には内湯と露天風呂に加え、サウナと水風呂がありました。

のぼせやすい私には水風呂は大変助かりました。

さて肝心の泉質ですが、色は透明の琥珀色、無臭です。

しかし、美人の湯と称される最大の特徴は、湯に浸かった瞬間に実感できます。

全身がヌルヌルになります(笑)

温泉の成分によって皮脂が石鹸化するのでしょうか?

原理は分かりませんが、このヌルヌルはなんか肌が綺麗になりそう!

非常に稀有な泉質だなと実感しました。

 

お食事

温泉を楽しんだあとは夕食です。

やはり東京住まいの私にとって、海産物をふんだんに使った夕食はとても嬉しい。

お造りも美味しいですし、アワビの踊り焼きも贅沢でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-旅行

Copyright© 走る旅人の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.