日記

唐泉寺〜癌封じ参り〜

更新日:

家族のガンが治るようにと、江戸川にある唐泉寺にお参りしてきました。

唐泉寺は、東京にある有名な三大癌封じのお寺の一つです。

他に有名なのは新橋の烏森神社、そして目黒のたこ薬師成就院です。

唐泉寺は小岩にあります。

私が訪れたときは高砂から間違って北総線に乗ってしまったため、新柴又で降りて歩いて行きましたが、15分以上はかかりました。

アクセス的には京成小岩が一番近く、帰りは徒歩10分ほどだったと思います。

こちらが入口です。

思ったより小さいお寺さんで、訪問時は朝で、雨も降っていたため、参拝客は私だけでした。

入ってすぐ左が寺務所になっていますが、なんとサイドカー付きのハーレーが展示されています。

何故寺にハーレー?

それは、このお寺の由縁に関係しています。

このお寺の和尚は愛娘を急性骨髄性白血病で旅立たせたのを機に、世の無常を感じ出家したそうなのですが、その後自身も癌を患いました。

しかし、西国三十三ヶ所をハーレーで巡ったところ、自身の癌が治ってしまったということなのです。

それ故に、唐泉寺は癌封じ寺として有名なのだそうです。

境内はこじんまりしています。

七福神が迎えてくれました。

こちらは「よみがえり不動尊」

無事帰るのカエルとお不動様を合わせたものですね。

こちらが本堂。

家族の癌が早く良くなるよう、真剣にお祈りしました。

ハーレーが展示されている寺務所には、お守りなどが売っています。私は3点購入しました。

まずは、カードタイプの癌封じ札。1000円。

裏に名前や住所等を記載して、財布などに入れて持ち歩きます。

初めて見るタイプのお守り。「癌封じ」の文字が力強く、いかにもご利益がありそうです。

続いて、「よみがえる ぶじかえる守り」500円。

カエルを模した可愛らしい鈴です。

最後に「諸病封じ箸」

闘病中の食事はこれで摂ってもらおうと思います。

お守りなどは郵送が可能なようです。

大切な人の癌平癒にはやはりお参りが最善なのかもしれませんが、遠方にお住いの方はご相談してみても良いかもしれませんね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-日記

Copyright© 走る旅人の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.