旅行

箱根ススキの原一の湯~部屋・風呂・食事~

更新日:

箱根の仙石原にあるススキの原一の湯に宿泊してきました。

ススキの原一の湯は今年の8月に別館を開業していて、今回はそのできたばかりの別館に宿泊しました。

こちらが建物外観です。

なんと隣がファミリーマートです(笑)

まずはチェックインのためロビーへ向かいます。本館側にロビーがあります。

下の写真の右側が本館客室棟、左側がロビー、大浴場、本館食事処がある棟です。

左奥の階段の先に本館の食事処がありました。

右を向くと大浴場の入り口があります。

浴衣はいろいろ選べるようになっています。

チェックインを済ませ、いざ別館へ!

こうして見るとなんとなくマンションのような佇まいですね。

エントランスを抜けると右側が食堂となっています。

廊下はこんな感じです。

一の湯では部屋係がいないので、荷物を自分で持って部屋まで行く必要があります。

 

お部屋

別館はできたばかりで情報がまだ少なかったので、どんな部屋なのかと少し心配していましたが、なかなか良い部屋でした。

玄関側から撮影したものです。

大きなソファが壁側に配置されています。このソファがかなり寛げました。部屋が良かったと思った理由の7割くらいはソファのおかげです(笑)

続いて窓側から撮影したものです。

和モダンな空間にベッドが2つ配置されています。

玄関はかなり狭いです。

見て分かる通り、部屋を出るときに扉がサンダルに引っ掛かります。

続いて洗面所です。

左奥がトイレ、右がお風呂の洗い場です。

洗面所は人によっては少し暗いと感じるかもしれません。

トイレはやはりできたばかりなので清潔感があります。

洗い場は少し狭いですが、大人1人で身体を洗うには十分なスペースと言えます。

そして洗い場の右側が温泉風呂となっています。

かなりぎりぎりのスペースに作ってある印象を受けました。

L字型の少し変わった造りをしていますが、大人2人で余裕な広さでした。

居室の窓から風呂が覗けるようになっています。

湯船に浸かった眺めです。

部屋風呂は、一応加水と加温をしているのですが、仙石原の温泉らしく少し硫黄の臭いがして、温泉に入っている実感が得られるお風呂だと思いました。

お風呂の窓は引き戸になっていて、左にずらすことで露天風呂的な感じにすることができます。

ただ、窓が開くことに気づいたのがチェックアウト直前で、残念な思いをしました。窓、開かなそうに見えるんですもん。

こういう所が、部屋係がいないデメリットかなと思ったりしました。

これから泊まる人は是非、窓を開けましょう!

 

大浴場

大浴場は別館を出て本館に行く必要があります。

例によって写真は撮っていないのですが、露天風呂が濁り湯で相当硫黄の臭いがします。

これぞ温泉という感じで大満足でした。

お食事

食事は食事処で食べます。

まあちょっと殺風景かな~と思いました。

メインは豚のしゃぶしゃぶ。

とはいえ侮りがたし、出汁のしゃぶしゃぶなので、お肉にしっかりと味が染みて想像していたより美味しかったです。この出汁は本館のお土産屋で買うことができます。

鶏の味噌チーズ焼き。

急にジャンキーなものが出てきたなと思いましたが、これもなかなか美味しい。

金目の煮つけです。

金目まで出てくるとは思っていなかったので、びっくりしました。金目は間違いありませんね。

しゃぶしゃぶには生卵が付いてくるので、美味しい出汁で最後におじやを作ることができます。

そしてさらに、金目の煮汁をご飯に(笑)

夕食はセルフサービスの飲み放題(1時間半)が付いていて、生ビールやハイボール、日本酒などがいただけます。ビール党には良いかもしれません。

続いて朝食です。

まあ定番といったところですが、鳥団子の田舎汁がいいお味でした。

お豆腐が一の湯豆腐と命名されており、これもなかなかでした。

 

評価は?

部屋   ★★★☆☆

風呂   ★★★★☆

食事   ★★★☆☆

サービス ★★☆☆☆

部屋に関しては、ソファがとてもくつろぎ易かったし、露天風呂も窮屈さがありながらも十分だと思えました。

ただ、玄関が狭い、エアコンがうるさいなど、我慢ポイントがあります。

お風呂に関しては、やはり濁り湯である点が気に入りました。

食事に関しては、食堂で少しうるさかった点はありますが、味付けが工夫されていて満足できました。

サービスに関しては、そもそも部屋係などを作らないセルフサービスの宿なので致し方ないと思われます。

総評

総合的にはかなり泊まってよかった、リーズナブルな宿でした。

デメリットを上回るメリットを感じられたと思います。

部屋係がいない、客室棟がマンションの様である点も、温泉に泊まりに来たら宿の人には放っておいてもらいたい、気楽に過ごしたいという人には持ってこいかもしれません。

また、宿の隣にコンビニがあり、お酒や食材をすぐ手に入れられるので、素泊まりでさらに安く泊まって、「自分たちだけの時間を過ごす」といった使い方ができると思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-旅行

Copyright© 走る旅人の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.