旅行

庭園の雰囲気に心酔!箱根ガラスの森美術館

投稿日:

箱根ガラスの森美術館に行ってきました。

箱根は何度も旅行に行っていますが、ガラスの森美術館に来たのは初めて。

箱根湯本から箱根登山バスで30分程度、仙石原にガラスの森美術館があります。

エントランスには、鉄線で作られた木にガラスの装飾が施されていて、これからファンタジーな世界に誘われる気分にさせてくれました。

庭園です。コンパクトですが、建物や美術品の配置が良く考えられているせいか、ゆったりとした雰囲気が味わえます。

山肌に大涌谷が見えるのも良いですね。

ススキを模したガラスの装飾品です。以外とススキとガラスってマッチします。

赤とんぼとススキガラスのコラボレーション。秋ですね。

水上花火がテーマの装飾品です。

ガラスの造花なんて、何かお洒落じゃないですか。

庭園の池を渡る橋にはガラスのアーチが。

晴れていればもっと煌めいていたんでしょうね。曇りでも十分奇麗でした。

館内に入ると美しい美術品が迎えてくれます。ガラスって宝石みたいですよね。

まるで宮殿の中みたいです。ここで演奏会などが開かれます。

天井に目を向けると美しい絵画が。

お土産コーナーもファンタジックな装飾に彩られていて、最後まで飽きさせない館内になっていました。

箱根ガラスの森美術館は、単純にガラス美術品を陳列する美術館ではなく、庭園や館内の雰囲気を満喫できる美術館だと思います。

湯元からも御殿場からも近いし、箱根旅行の予定に是非組み込みたい場所ですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-旅行

Copyright© 走る旅人の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.